特別受益で起こりうる問題

当サイトは遺産相続を平等にするためにも考慮するべき、特別受益についての情報を紹介しています。
どのようなトラブルが発生するのか、どんなやり取りだと認められないのか、過去の裁判で出された判例、何年前のやり取りまで含まれるのか、解決をするために弁護士の力が必要な理由などを解説していきますから、いざというときに役立つ知識を蓄えることができます。
紹介している情報を読み込めば、自分が当事者になったときに活用することができるでしょう。

特別受益にまつわるトラブル

特別受益にまつわるトラブル 特別受益に関しては、相続人同士でトラブルが発生する可能性が高いです。
たとえば兄弟・姉妹の中で可愛がられている一人がいて援助を受けていたりすれば、他の兄弟・姉妹からすると不平等な状態が発生します。
ですから、遺産相続をするときには生前に受けていた援助を特別受益をみなして、配分を考えるべきだという意見が出てきても不思議ではありません。
しかし、援助を受けていた人がお金をもらったり何かを買ってもらったりしてもお小遣いと同じだから、遺産をそのまま配分するべきだという主張をすれば両者の意見はぶつかり合います。
このように相続人の中で不平等だと考えている人と生前の援助と遺産相続と話が別だと言う人では意見は対立し、トラブルは泥沼化して裁判にまで発展することもあります。

特別受益に当たる事例は判例で調べることができる

特別受益に当たる事例は判例で調べることができる 特別受益があったとすれば、相続財産に持ち戻して計算がされて、他の相続人と不平等が生じないようにす制度を民法は採用しています。
具体的に何が特別受益に当たるのかは書かれていませんが、判例では色々な事例が明らかとなっているので、それを参考にすると分かります。
例えば、マイホームの購入資金を貰っていた場合や学費、生活費などが該当することがあります。
注意点としては、同じ額でも当たる場合もあればそうでは無いこともあるからです。
判例は各事例の結論を導くために結論を示していますが、ほとんどが事例判断となります。
つまり、個別具体的な事情を勘案して判断をしている訳なので、単に金額だけで見ている訳では無いです。
それは、経済事情にもよりますし、他の相続人が同じくお金を貰っていることもあるかもしれません。
具体的なことでアドバイスを貰いたければ、相続に詳しい弁護士に相談してください。
法律家は全ての法律に詳しい訳ではなく、主に自分の得意とする分野で活動しています。
相続を得意とする方なら、特別受益については詳しいですし、過去に相談したり代理人として訴訟をしたりしているので、もし裁判になったとしたらどうなるかという正しい助言をすることが可能です。

特別受益を考慮して遺産分割時の不公平を防ぐ

生前に特定の相続人だけが被相続人より贈与を受けている場合、通常の遺産分割では不公平になります。
この場合、その該当する相続人が生前に受けた遺贈が特別受益です。
多くの相続人がいて、その中の一人だけが生前に財産をもらっているなら遺産分割でトラブルになります。
土地や不動産の遺産分割協議では親族間で争いになることも多いので、弁護士に相談すべきです。
特別受益があるなら、身内の間で感情的なトラブルに発展する前に法律事務所に依頼した方が円満に解決します。
また遺書が残されているケースでは、専門家によってその有効性を確認することが必須です。
近年の高齢化社会に伴い、生前に被相続人が認知症であった場合も想定しなければなりません。
弁護士はこういったトラブル解決のプロなので、速やかに依頼した方が良いです。
謝礼は事前に説明があるので心配はありません。
まずは電話で予約を取ってから事務所を訪問するとスムーズに相談できます。

扶養義務の範囲で受けた援助は特別受益にはならない

相続人が複数いる場合、ある一人の相続人が被相続人から生前贈与を受けているケースを特別受益と言います。
遺産分割の際は特別受益を考慮しないと不公平です。
ただしその相続人の受けた贈与が、扶養義務の範囲内なら特別受益には該当しません。
親族同士が経済面を援助しても、それは生前贈与にはなりません。
詳しくは法定相続人になることができる配偶者や子どもに対して、被相続人が生前贈与をしても扶養義務としての行為と見なされます。
その場合は特別受益にはなりませんので注意が必要です。
こうした細かい知識を法律の素人は知らないことが多いので、遺産分割協議になったなら早めに弁護士に相談するようにします。
例えば被相続人の配偶者や子が生活援助を受けていた場合や、複数の兄弟でそれぞれ援助金額が異なるような場合は弁護士に依頼すると良いです。
法律事務所は常に依頼人の利益のために動いてくれます。
また個人情報の守秘義務があるので安心です。

特別受益持ち戻しの免除について説明します

亡くなった被相続人の意向で、ある相続人に遺産を多く分配したいと考えるケースがあります。
この場合は生前の贈与などを特別受益に加味せずに、遺産分割をします。これが特別受益持ち戻し免除です。
2019年に改正相続法が施行され、そこで新設された規定となります。
一般的に生前の遺贈などを受けた相続人と受けていない相続人では、遺産分割時に不公平です。
そのため生前に受けた財産を特別受益と呼び、遺産分配の際に加味します。
ただし扶養義務の範囲内であれば、特別受益から除外されるのが決まりです。
その点を含め、亡くなった故人の意向で財産分与を多くしたい場合を持ち戻しの免除と呼びます。
不動産などの遺産分割協議で紛争にならないよう、前もって法律事務所に相談しておくのも良い方法です。
弁護士は遺産分割紛争のプロなので、親身になって対応してくれます。
また親族間トラブルは感情が絡むため、第三者である法律家の意見を聞くことで円満に解決することが多いです。

扶養の範囲であれば特別受益から除外される

ある特定の相続人だけが生前受けた贈与を、法律用語で特別受益と言います。
しかし例えば被相続人は配偶者に扶養の義務があるため、金銭的援助をするのが一般的です。
このことから、扶養の範囲内であれば生前受けた恩恵であっても特別受益から除外されます。
一方で、扶養の範囲になければ特別受益として扱われるのが普通です。
その場合、生前受けた贈与分を金銭に換算して相続分に加えます。
こうすることで各相続人の間に不公平が生じません。
法定遺産相続分から特別受益の分を控除しますが、マイナスになる場合はゼロとする決まりです。
マイナス分を他の相続人に支払う義務はありません。
さらに被相続人がある特定の相続人に多く分配したいという意向があるなら、それは持ち戻し免除となります。
これは多くの素人が知らない知識です。
細かい規定は法律の専門家である弁護士に聞くと良いです。
親族間で遺産分割紛争になる前に、弁護士事務所に相談しておくと重篤なトラブルを防げます。

生前贈与鵜である特別受益を考慮することで不公平を防ぐ

特別受益とは民法に記載のある法律用語で、ある特定の相続人が、被相続人から生前に受けたいた贈与を指します。
複数の相続人がいるケースでは、ある一人の人物だけ優遇的な遺贈があると遺産分割時に不公平です。
そのため生前贈与の分を加味して遺産分割を行います。
この特別受益に相当するのもは、被相続人から相続人に与えられた全ての遺贈です。
婚姻のためや養子縁組のために与えられた贈与がこれに当たります。
その他、事業資金の援助も生前贈与の対象です。
ただし被相続人の配偶者が受けた金銭的援助が不要の範囲内であれば、特別受益にはなりません。
遺産に土地や家屋などの不動産がある場合、遺産分割時に不公平があるとトラブルになります。
そのような紛争を防ぐための措置がこの制度です。
具体的には生前の贈与を金額に換算し、遺産分配の金額に加えます。
このように相続財産に特別受益を加えた金額を元にして、それぞれの相続人の相続分を割り出します。

特別受益は一般的にみて当てはまるかを考えることが重要である

相続に関する問題は大変複雑でわからないことも多く困ってしまう場合もありますが、要点を抑えておくことは重要なので出来るだけ多くのことを知っておくことが大切です。
全てを弁護士のような専門家に任せてしまうのも一つの方法ですが、自分なりに学習をして知識を身に付けてどのような権利があるのか事前によく確認しておくことが重要です。
中でも問題となってくるのが特別受益に関することでこれは家族の間の公平な遺産分割を実現するために設けられている制度ですが、中身は込み入っているので直ぐに権利を主張するのではなく事前にチェックをした方が賢明です。
あまりに声高に特別受益について主張をすると親族の間で揉め事が起きてしまうこともあるので、一般的に考えて明らかにこれに該当するのでなければ弁護士などに相談をした上で権利を主張した方が良いです。
このように特別受益をはじめとして相続に関しては色々な問題が出てくるので、これは当てはまると思っても直ぐに決めつけずにこの道の専門家と相談をした上で今後の方針を決めるようにすることをお勧めします。

特別受益とは?相続財産の分配に影響する手段

相続人の中に亡くなった方から生前に財産を贈与されたり、遺言で遺贈されたりした者がいることはないでしょうか。
それらは特別受益と呼ばれ、相続財産の分配に影響する重要な要素です。相続人の間で公平に遺産を分けるために、生前に受け取った贈与や遺贈の額を相続財産に加算して計算する方法です。
そのため、時間や金銭的な悩みを避けるためにも、特別受益の有無や額を把握しておく必要があります。そんなとき便利な手段が特別受益の持ち戻し。持ち戻しとは、受益者が受け取った額を相続財産に加えて、その後に相続分を決める方法です。
例えば、親から子に1000万円を贈与した場合、その子は1000万円分だけ相続分が減るので他の相続人とのバランスが取れます。
持ち戻しは、法律で定められている方法ですが必ずしも実施しなければならないわけではありません。相続人同士で話し合って持ち戻しをしないことや持ち戻し額を変更することも可能です。持ち戻しは、相続人間の不公平を防ぐだけでなく税金対策にもなります。
受益者は、贈与税や遺贈税を支払う必要がありますが、持ち戻しをすることで相続税が減額される場合があり、持ち戻し額を調整することで節税効果を高めることもできます。もはや、特別受益は相続人にとって必須の知識ではないでしょうか。

新法では特別受益は10年以内に限定されることに

特別受益とは、相続人から遺贈を受けたり生前に贈与をうけるなどして、ほかの相続人に比較して特別の利得を手にしていると評価される事情のことです。
たとえば生前にまとまった現金の贈与を受けている場合、生前贈与相当額を考慮しないで相続分を計算すると、不公平が生じてしまいます。そこで特別受益相当分は、控除して遺産の分割を計算することで公平を期するようにするというわけです。
特別受益に時効はなく、生前の何年前にされた贈与などであっても、特別受益に計算するのが原則でした。しかし2019年7月1日の民法改正により10年以内の法律行為などに限定されるようになっています。
この期間制限は2019年7月1日以降に亡くなった場合の相続に適用されますが、それ以前の日付については従来の原則通り期間制限がなく適用されるので注意が必要です。
なお被相続人は遺言で、生前贈与などは考慮しないように記載することができます。これを「餅戻し免除」と呼びます。

特別受益に時効はないものの受け戻しを免除することは可能

特別受益とは相続分の計算する際に、生前にうけた贈与や被相続人から遺贈を受けるなどして特別の利益を得ている相続人については、当該利益分を控除して相続分を計算するという民法上の制度です。
この制度がないと、特別の利益を得ている相続人は、均分に相続するべきとする民法の原則に照らすと不公平な結果となります。
そこで相続人間で公平をきするために、相続時に清算して考慮する流れになっているわけです。特別受益と評価されるのは、独立のためにまとまった現金を贈与したり、自宅を建設するために援助するなどの事情が必要です。
他方で被相続人所有の土地を無償使用しているなどの事情は、該当しないものと考えられています。
特別受益に時効はなく、生前何十年前になされた贈与でもすべてが対象になります。もっとも2019年7月1日以降の相続については、特別受益に相当する取引には10年以内という期間制限が設定されるようになっているので、相続開始日がいつなのかは十分確認する必要があります。

特別受益の対象になる贈与には何度でも対象になる

特別受益と歯相続分の計算をする場面において、被相続人から生前に贈与をうけていたり、被相続人からの遺贈をうけるなど特別の利益を得ている相続人に対しては、当該利益分を相続の先渡しと評価して、控除して遺産の持ち分を計算するという民法上の制度です。
遺贈は被相続人の死亡時の1回しか観念できませんが、生前贈与では複数回行われる可能性があります。相続人の公平を期する観点からは、対象となる贈与の回数について制限を設ける合理的理由はありません。
したがって特別受益の対象となる生前贈与などは何度でも、何十年前でもすべて対象にして計算することになります。
ただし2019年7月以降に発生した相続には、回数制限がないものの10年以内という時間制限が設けられることになっています。
逆に言えば2019年7月1日以前に発生した相続については、従来通り何度でも機関制限がなく、特別受益は計算されることになるので、いつの時点の相続なのかが要注意です。

遺産に関する情報サイト

特別受益のことで弁護士を東京で探す

新着情報

◎2023/10/23

情報を更新しました。
>特別受益は一般的にみて当てはまるかを考えることが重要である
>特別受益とは?相続財産の分配に影響する手段
>新法では特別受益は10年以内に限定されることに
>特別受益に時効はないものの受け戻しを免除することは可能
>特別受益の対象になる贈与には何度でも対象になる

◎2022/12/19

情報を追加しました。

> 特別受益を考慮して遺産分割時の不公平を防ぐ
> 扶養義務の範囲で受けた援助は特別受益にはならない
> 特別受益持ち戻しの免除について説明します
> 扶養の範囲であれば特別受益から除外される
> 生前贈与鵜である特別受益を考慮することで不公平を防ぐ

◎2020/10/23

特別受益として財産に合算
の情報を更新しました。

◎2020/8/17

民法改正による特別受益の変化
の情報を更新しました。

◎2020/6/10

不動産利用における特別受益
の情報を更新しました。

◎2020/4/14

揉めたら弁護士の力を借りる
の情報を更新しました。

◎2020/2/17

特別受益と認められる年数
の情報を更新しました。

◎2019/11/29

サイト公開しました

「特別 トラブル」
に関連するツイート
Twitter

療育や特別支援の場にいると「自閉症」と言えば世間が理解してくれると錯覚しがち、実際は理解が追いついておらず、それがトラブルの原因になることもある 親は世間は自閉症を知らないという前提で、街に連れ出し、周りが嫌な思いをしないように常に気を張って子どもを見なければいけない

療育や特別支援の場にいると「自閉症」と言えば世間が理解してくれると錯覚しがちですが、実際は理解が追いついておらず、それがトラブルの原因になることもある 親は世間は自閉症を知らないという前提で、街に連れ出し、周りが嫌な思いをしないように常に気を張って子どもを見なければいけない

療育や特別支援の場にいると「自閉症」と言えば世間が理解してくれると錯覚しがちですが、実際は理解が追いついておらず、それがトラブルの原因になることもあります。 親は世間は自閉症を知らないという前提で、街に連れ出し、周りが嫌な思いをしないように常に気を張って子どもを見なければいけない

返信先:体育くん界隈のご新規さんへの優しさは特別なんだなぁと🥺 お客さん同士がトラブルにならないように運営側にも毅然とした態度でいて欲しいですよね😣

青年達とティーチの間に、火花が散る。 ティーチ 「…仕方ありませんね。彼女は帰ろうとする意思表示をしています。金銭トラブルもあるようですし、我が校な生徒の中でも彼女は特別。よって通報させて頂きます」 モブ 「「「え」」」 ティーチは懐からペン型魔法打ち上げ筒を出し、信号弾を発射!!